このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

一包化の新しい管理法 その名は
お薬束®(おやくそく)

開発の経緯
~”ちゃんと”飲んでもらいたい~

長寿薬カレンダーに感動!と、意外な声!?

15年ぶりに薬局業界に戻り、服薬支援ツールの主流が薬カレンダーのままだったことに驚かされました。それだけ、万能なツールなんだと、感心しておりました。しかし、私が引き継いだ薬局では、一包化されている患者さんのほとんどが、薬袋のまま使っておられました。話を聞くと、「カレンダーやBOXにいちいち充填するのが面倒」とか、「取りに行かないといけない。」とのこと。では、今のままで満足かと聞くと、「薬袋のままだと、ついつい、置き場所が変わって、存在を忘れ飲み忘れたり、探して面倒」と、言うお声を聴きました。そこで、渡してみたのが、右の種苗用のパックでした。こんな物でも、「ありがとう」と、使っていただけたことにうれしくなりました。
試しに作ってみました☆

更に、100均商品をかき集め、工作を始め、自作品第一号が写真の“くすりボーン”(笑)。
これでも、ある患者さんはボロボロになるまで使っていただき「兄ちゃん、エエわ。これ!第二弾待ってるでぇ」と、言われ、更にその気になった約二年。多くの方のご支援で、お薬束®を商品化させて頂きました。おかげで、「これ、食卓において、食後つかってるの!」と使うシーンを教えて頂いたり、「ほら、カラっぽやろ!」と、空になったお薬束®を自慢げに持ってきていただく方もいらっしゃいました。そんな経験があったからこそ、広く多くの方にお薬束®を知っていただき、ご使用いただきたいと思っています。
服薬支援ツールの選択肢の一つに

お薬束®の使用方法はまだまだ未知です。あるようでなかった服薬支援ツール。今後様々な使い方が生まれてくるはずです。僭越ですが、服薬支援ツールは一つに決める必要はないと思います。ご使用される方の状況や、介護ステージに応じて服薬支援ツールの選択が変わっていくべきだと思います。まずは、先生方の服薬支援ツールの選択肢の一つにお薬束®を加えてください。そして、多くの患者さんにお役立ちいただくことを願っております。
願いは”ちゃんと飲んでほしい”

”薬をちゃんと飲むことは、必ず治る”とは、言えませんが、ちゃんと飲むからこそ、医師がちゃんと評価できて、次の治療につながるはずです。大げさかもしれませんが、それの積み重ねこそ、健康寿命の延長があり、豊かな生活が待っていると信じています。更に、介護費削減、薬ロス、医療費削減へとつながるのではないでしょうか。
一包化(完全一包化)への関心が高まれば、ポリファーマシーの問題、フォーミュラリへの挑戦も見えてくるはずです。
いざという時にも、ちゃんと飲んでほしい

災害時の備えは大変ですよね。災害の報道を見て、ふと、「一包化の薬をセットされている方は、どのように避難所にもっていかれるんだろう?大変じゃないかな?」と、思いました。
簡単に言えることではありませんが、少しでも余裕があるときに、こんな使い方も検討いただければ幸いです。
試しに作ってみました☆

更に、100均商品をかき集め、工作を始め、自作品第一号が写真の“くすりボーン”(笑)。
これでも、ある患者さんはボロボロになるまで使っていただき「兄ちゃん、エエわ。これ!第二弾待ってるでぇ」と、言われ、更にその気になった約二年。多くの方のご支援で、お薬束®を商品化させて頂きました。おかげで、「これ、食卓において、食後つかってるの!」と使うシーンを教えて頂いたり、「ほら、カラっぽやろ!」と、空になったお薬束®を自慢げに持ってきていただく方もいらっしゃいました。そんな経験があったからこそ、広く多くの方にお薬束®を知っていただき、ご使用いただきたいと思っています。

■□薬包のセッティングの仕方□■

STEP 1
薬包を切らずに巻いて
一包化した薬包を切らずに巻く
STEP 2
お薬束にくすりを充填
巻いた薬包を下から上に引き出す向きにお薬束®に入れる。この向きのほうが、引き出しがスムースになります。
STEP 3
開口部から引き出す
お薬束®の開口部から、薬包を引き出してセッティング完了!
STEP 3
開口部から引き出す
お薬束®の開口部から、薬包を引き出してセッティング完了!

セッティングミス防止への期待

13名の薬剤師にアンケートを行った結果、セッティング時のミスが減ると答えた方は、8名だった。
評価理由は、切らずに充填できる点を評価いただいた。
(第54回日本薬剤師会学術大会ポスターP-25 発表抜粋)
評価理由は、切らずに充填できる点を評価いただいた。
(第54回日本薬剤師会学術大会ポスターP-25 発表抜粋)

3つの特徴と薬剤師から見たメリット

  • 約1か月分を切らずに束ねて使用
    薬剤師にとって、束ねたまま充填できるメリットは当然、充填する手間です。さらに、充填でのミスも軽減できるはずです。効率性と、リスクマネジメントの観点からメリットがあります。さらに、患者さんに渡してからも安心です。バラバラになることもないので、再設定に訪問したり、飲み間違いの心配が軽減できます。
  • 置き場所を自由に選べる
    箱型で収納にも便利。食卓や戸棚など患者さんのライフスタイルに合わせて使えます。自分の意志で置くと忘れにくいですよね。「どこに置いていますか?」と、聞くと、得意げに話してもらえます。ちょっとしたエンパワーメントが出来たようで、薬を渡す側もうれしくなります。
  • 残薬確認やコミュニケーションツールに
    外来でお薬束®を持って来てもらうと残薬確認がしやすく、ニーズや困りごとが聞きやすいです。印字の仕方など提案もしやすくなります。「朝夕で飲み忘れが分かりやすくしてほしい」と、言われ日付入りにしたり、「最後がいつなのか分からない。」と、言われて、残り5日だけカウントダウンの数字を入れたりしています。
  • 置き場所を自由に選べる
    箱型で収納にも便利。食卓や戸棚など患者さんのライフスタイルに合わせて使えます。自分の意志で置くと忘れにくいですよね。「どこに置いていますか?」と、聞くと、得意げに話してもらえます。ちょっとしたエンパワーメントが出来たようで、薬を渡す側もうれしくなります。

こんな方にいかがですか?

~他のツールからの切り替えではなく~
  • 初めての一包化の方
  • カレンダーやBOXは使わないが、残薬がある方
  • 用法が分1や分2で、一包化不可の薬がない
  • 今まで自分で管理されていたが、管理者が変わる時
当局に来られる患者さんは、以前から一包化はされていたものの、カレンダーやBOXが面倒だった患者さんがほとんどでした。だから、「それよりもいいものを!」と、思ったのではなく、もっとフランクに日常生活の延長で薬も飲めないかと考えました。また、一包化を初めてされる方にも勧めました。私見ですが、心筋梗塞や脳梗塞等でステント留置術後の方が該当しています。抗血栓薬・PPI・高血圧・スタチン・糖尿病薬など薬が退院後増えています。飲み方も、分1、分2が多く、予後が良好なためQOLも高く、アクティブに活動されている方が多い印象です。特に仕事や趣味に忙しい方は、飲まされているのを嫌い、自分の意志で飲みたい意識が強いと感じます。それに、おしゃれに興味があり、お薬束®もスタイリッシュな点をほめて下さる方もいます。
薬剤師アンケート
🔍

最適な患者さんは?

13名の薬剤師にアンケートを行った結果です。ご意見様々ですが、それだけ、お薬束®の使う患者さんも多義にわたり、使い方はまだまだ無限です。困っておられる目の前の患者さんにとって、提案の種類が増えたと思っていただければ幸いです
(第54回日本薬剤師会学術大会ポスター発表抜粋)
実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

これからの挑戦

発送にも便利で確実
約1ヶ月分を,充填して、薬袋代わりに発送もできませんか?途中でバラバラになる心配も無く、確実に届けますよね。2回目は、中身の薬包を丸めて送る。とても便利で、患者さんにも伝わり易くなりませんか?
オンライン服薬指導に
コロナ禍オンライン診療に伴い、スムーズにお薬ももらいたいはず。制度やシステムだけでなく、お薬が患者さんに届きやすく、届けやすくなることも大事。1週間ごとの設置が必要だった患者さんにも幅広くお使いただけたり、離れていても大切に薬を届けられ、わかりやすく伝わることを願っています。今後の薬の渡し方について、ぜひ、患者さんや介護者・薬剤師の皆様ともお話し合い下さい。
未来と思っていたら・・
薬の確認もQRCDで。お薬手帳も、電子化が更に加速するかもしれませんね。便利さだけでなく、確実に、安心もお届けしたいですね。
未来と思っていたら・・
薬の確認もQRCDで。お薬手帳も、電子化が更に加速するかもしれませんね。便利さだけでなく、確実に、安心もお届けしたいですね。
ご提案します!

施設のお薬をまとめて管理

専用BOXも作りました。
ご施設だと、薬カートで管理をされているところもありますが、高価なものが多く。大きさもマチマチ。これなら、患者さんごとにお薬束®とその他の薬をまとめて、充填用のBOXを薬局とやり取りされることもできませんか?

個別管理BOX2個でのサイクルをイメージください
下記見積り相談にてご連絡ください。

~施設薬局向け商品~

お薬束®カラー3色10セット
¥14,200(税込1,5620)
送料無料
さらに大口購入ご希望の方は応相談致します。ご連絡ください。

オンライン説明・お見積り相談も承ります
~詳しくお知りになりたい方はご遠慮なく~


お薬束®は新たなツールです。詳しくお知りになりたいことがあれば、お気軽にご相談ください。オンライン説明も致します。まとまった量をお求めの場合は、配送距離、量に応じて、頑張って対応致します!まずは、ご相談ください。
※オンライン説明会は、月・水・木曜:14:00〜16:00開始、30分間とさせていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

当局でのお薬束®の使用内訳

当局では46人の患者さんが一包化をされています。その中で、約30人にお薬束®を紹介した結果、半数の患者さんが使用されています。その内訳をご紹介します。
背景としてご紹介します。
一包化はやはり高齢者の方が主ですが、当局でも、同様に全体で平均76歳でした。まそのうち、お薬束®をご使用の方の平均年齢は66歳と比較的若い方が多いようです。
つづいて男女比ですが、男性と女性では約7:3で男性が多かったです。男性は、機能に興味を持たれることが多いのも原因かもしれませんね。実際、構造や機能性についての興味や質問は多い気がします。
使用者は、ご本人が圧倒的です。当局では、外来患者さんの一包化がほとんどですので、当然の結果ともいえます。在宅での活用をイメージしていましたが、アクティブなシニアの方に好評頂いています。介護の方には、訪問看護師の方が気に入って購入頂いたり、配偶者の介護に購入されたケースです。
服用回数は2回以上が6割以上という現状です。やはり、回数が増えると服用も複雑になるようです。また、朝夕食後など並べておいて下されば、日付の違いで飲み忘れにも気づいて下さいます。
以上、まだまだ症例数は少ないですが、当局の現状です。私見ではありますが、導入の際、やはり薬剤師が薬をお薬束®に充填して渡した方がスムーズです。理解度に合わせた説明と、必要性を確認してからの導入が望ましいようです。
つづいて男女比ですが、男性と女性では約7:3で男性が多かったです。男性は、機能に興味を持たれることが多いのも原因かもしれませんね。実際、構造や機能性についての興味や質問は多い気がします。

実用例

以前は、袋に入ったまま一包分をちぎっておいていましたが、袋はだんだん小さくなるので置き場所が定まりませんでした。いつも、どこにやったか探していました。今は、リビングの戸棚の中に入れているので、少なくなっても大きさ変わらず、フィットしています。また、戸棚には扉がついて外から見えないので、急なお客さんでも見られる心配がないのはいいですね。
本体の組み立て・薬のセッティングはとても簡単でした。薬が出てくる口の下側の部分に一部へこみがあり、使い始めの頃は薬袋を上手く切り離せない時がありました。今まではつながっている薬袋を1つずつ切り離して箱に収めていましたがその手間が省ける、とてもよい商品に出合えました。丈夫に出来ておりしばらく壊れそうにありませんが、使用不可となった際には購入したいと思います。更に丈夫そうなプラスチック製も気になります。この度はありがとうございました。
80代男性 いつも飲み忘れがあり、残薬調整をしていました。しかし、お薬束®をお使いになった後は、紙袋で持ってこられ「全部飲めた!」と、自慢げにお話しくださります。朝夕で飲み忘れが気付くのがいいとも、おっしゃっていただいています。
30代 女性 毎朝飲んでいます。主婦ということもありキッチンに置いています。キッチンにいる時間が長いのでよく目に入り、飲み忘れがなくなりました.以前は、一包化された袋を一つずつちぎって丸めて専用の入れ物に入れていましたが、場所を取ってしまい置場所に困っていました。今は、プラスチック製の入れ物なのでキッチンも置けてスペースも取らないので助かっています。薬局で薬を入れてもらえるのも助かっています。
40代 男性
以前は服薬支援ツールは使わず、パソコンデスクの上にバラバラのまま薬包を置いていました。そして、服用の時間になると、薬包をちぎりながら飲んでいました。
それが、お薬束を使うようになってからは、デスク周りがスッキリしました。詰め替えも簡単で、薬局で直接詰めてもらえば、袋もなしで持ち帰れます。あとは、自宅にそのまま置くだけで手間なしです。毎朝、スマホのアラームで起床後、お薬束から薬包を引っ張って、ちぎって飲んでいます。現在約1年間使用していますが、問題ありません。
50代 女性
特定疾患があり薬は朝晩欠かさず飲まないといけません。朝晩といっても食前と食後の薬があるので、自分なりに飲みやすいよう1週間分さらに小分けしています。お薬束®はきちんと戸棚に納まり、見た目もスッキリしています。1つずつ取り出せて便利です。飲み忘れがないようにこれを自分なりに1週間分の容器に入れています。りぼんさんはいつも患者のことを考えていろいろアドバイスしてくれます。これからも宜しくお願いします。
80代男性 いつも飲み忘れがあり、残薬調整をしていました。しかし、お薬束®をお使いになった後は、紙袋で持ってこられ「全部飲めた!」と、自慢げにお話しくださります。朝夕で飲み忘れが気付くのがいいとも、おっしゃっていただいています。